場所: Oregon Health & Science University
研修期間 2017/9/23~30

OHSU地域医療視察研修記
〜Oregon Health & Science University
及び関連施設にて〜

Oregon Health & Science University (オレゴン健康科学大学)(以下「OHSU」とする)は、アメリカ西海岸オレゴン州最大の都市ポートランドに所在する医学校であり、オレゴン州の地域医療において重要な役割を担っています。医学教育に力を入れており、同校の家庭医療研修プログラムは、全米でもトップクラスのプログラムとして評価されています。

Oregon Health & Science University
Oregon Health & Science University

同校と当協会は、相互訪問や医師・医学生の研修派遣を通じ、15年以上に渡り交流を続けて参りました。この度、当協会の会員サービス委員会では、会員サービス向上のための新たな取組みとして、当協会職員以外の当協会の会員等にも門戸を開き、OHSU及び関連診療所等の視察を中心としたツアー型グループ研修を企画・実施いたしましたので、その研修内容を紹介いたします。

医師9人(当協会の会員及び職員)

参加者:医師9人(当協会の会員及び職員)

研修1日目

Arrive at Portland (Welcome Lunch)

ポートランド空港に到着後、今回担当されるOHSUスタッフとの顔合わせを兼ねて、ランチを取り、その後は自由行動。(早速、ウィラメット川沿いでジョギングを楽しむ元気な方も!)

OHSUスタッフと一緒に

OHSUスタッフと一緒に

オレゴンビールで乾杯

オレゴンビールで乾杯

研修2日目

Sightseeing

この日は終日ポートランド近郊の観光を行いました。

Timberline Lodge

Timberline Lodge

Mt. Hood

Mt. Hood

Mt. Hoodはオレゴンのシンボルともいえる山で、標高は富士山よりも少し低い3429メートルです。山頂から中腹にかけては1年中雪に覆われており、夏でもウィンタースポーツが楽しめる人気の観光地となっています。中腹にはTimberline Lodgeと呼ばれる建物があり、これはアメリカ合衆国の重要歴史建造物に指定されています。映画「The Shining」(スタンリー・キューブリック監督)のロケ地としても有名です。

Full Sail Brewing Company

Full Sail Brewing Company

Mt. Hood Winery

Mt. Hood Winery

オレゴン州はビールとワインの名産地としても有名です。ビール醸造所・ワイナリーを訪問し、昼食と試飲を楽しみました。

研修3日目

Orientation

OHSUのメインキャンパスを訪問。OHSU Family Medicine(以下、「OHSU FM」とする)の拠点であるEmma Jones Hallにてオリエンテーションを受けました。

Emma Jones Hall<br class=(OHSU FMのオフィス)">

Emma Jones Hall
(OHSU FMのオフィス)

OHSU FM担当者によるOrientation

OHSU FM担当者によるOrientation

OHSUのメインキャンパスはMarquam Hillと呼ばれる丘の上に建てられており、約15,000人の職員を有する医師・歯科医師・看護師を養成する医学校であり、附属病院は522のベッドを抱えています。
今回研修先であるOHSU FMは職員513人(うち、指導医は147人)により運営されており、附属病院での診療ほか、オレゴン州各地に13の診療所を運営し、地域の医療を支えています。OHSU FM所属の研修医はそれら診療所等をローテートすることで、幅広い診療技術を身に付けています。特に医学教育に力を注いでおり、OHSU FMはそのレジデント研修プログラムにおいて全米でもトップクラスの評価を得ています。

Campus Tour

キャンパス内を巡る参加者一行

キャンパス内を巡る
参加者一行

OHSU FM 医師室

OHSU FM 医師室

OHSUキャンパス内を巡り、主要な建物を見学しました。OHSU FMが担当する病棟の見学も行い、勤務中の医師・研修医に話を伺うこともできました。

Visit: South Waterfront Clinic

トラム(ロープウェー)乗り場にて

トラム(ロープウェー)
乗り場にて

South Waterfront Clinic所長 山下大輔先生

South Waterfront Clinic所長
 山下大輔先生

小高い丘の上にあるOHSUキャンパスからトラムで下りると、OHSU Center for Health & Healingの近代的な建物が目の前に現れます。South Waterfront Clinicはこの建物の上階にあります。診療所長である日本人医師、山下大輔先生に診療所に関する話を伺いました。

Lecture: “U.S. Medical Insurance System”

Mr. Mike Martin, Ms. Megan McGheanによる講義風景
Mr. Mike Martin, Ms. Megan McGheanによる講義風景

Mr. Mike Martin, Ms. Megan McGheanによる講義風景

OHSU FMスタッフによる、米国の保険医療制度に関する講義を受けました。日本と違い、アメリカには皆保険制度がないため、多くの国民は民間の医療保険やメディケア(高齢者・障害者向け)・メディケイド(低所得者向け)と呼ばれる、公的医療保険制度に加入することで医療費請求に備えています。患者により保障を受けられる検査や治療の範囲が異なるため、医療機関における医療費の取り扱いは複雑になっているとのことです。

Talk and Discussion: “Community Medicine”

Dr. Steve Wahls, Dr. Anthony Cheng, Dr. Wes Bakerとのグループディスカッション
Dr. Steve Wahls, Dr. Anthony Cheng, Dr. Wes Bakerとのグループディスカッション

Dr. Steve Wahls, Dr. Anthony Cheng,
Dr. Wes Bakerとのグループディスカッション

OHSU FM所属の医師・研修医を招き、ディスカッションを行いました。OHSUスタッフ・研修参加者がお互いの仕事内容を紹介し、それぞれが抱える課題や疑問について語り合う良い機会となりました。

研修4日目

Visit: Warm Springs Health & Wellness

この日は、ポートランドを発ち、オレゴン州最南部のクラマス郡を目指します。2日間に渡り、OHSU FMのAssociate ProfessorであるDr. Meg Hayesにも同行いただきました。

Mt. Jefferson

Mt. Jefferson

Warm Springs<br class= Reservation付近">

Warm Springs
Reservation付近

ポートランドから南東へ100マイル(約160km)ほど進むと、景色は一変し一面の荒野が広がります。アメリカ合衆国各地には、ネイティブアメリカンのコミュニティが点在しており、この日我々が訪れた街Warm Springs Reservationもその一つです。

Warm Springs Health & Wellness

Warm Springs Health & Wellness

診療所概要の説明

診療所概要の説明

コミュニティの医療を支えるWarm Springs Health & Wellnessの見学を行いました。OHSU FM運営の診療所ではありませんが、OHSU FMの医師が診療に携わっています。
ネイティブアメリカンは独立した自治組織を持っており、医療保険システムも異なります。米国政府の保護により、このコミュニティの方々の診療費は無料となっているとのことでした。

診療所内の薬剤室

診療所内の薬剤室

診療所内の壁画の前で

診療所内の壁画の前で

診療所に関する説明を受けた後はスタッフエリアに立ち入り、実際にスタッフが働いている様子や設備を見学。医療機器の設置状況は日本の診療所と大きく変わらず、雰囲気が似ているとの声も聞かれました。一方、小規模な診療所ではありますが、診療科ごとに窓口が設けられており、幅広い患者様に対応していることが伺えました。

研修5日目

Visit: Sky Lakes Medical Center

Sky Lakes Medical Center
Sky Lakes Medical Center

Sky Lakes Medical Center

Sky Lakes Medical Centerは、OHSU FMとパートナーシップを持つ民間病院であり、ポートランドから南へ300マイル(約480km)離れた山々が広がるクラマスフォールズの街に位置しています。
ここでは、主に入院を必要とする方や救急搬送されてきた緊急性の高い方の対応を行っています。この病院と同じ敷地内にあるCascades East Clinicとは運営主体が異なるものの、スタッフの勤務形態は柔軟であり、両施設を行き来しながら勤務しているようです。
日本の病院と比較すると、各部屋や廊下が全体的に広く、窮屈さを感じさせない作りになっています。日本で見られない設備としては、Meditation Roomと呼ばれる部屋があり、瞑想をするための部屋として使われています。これは患者様及びそのご家族の他、病院職員にも開放されています。一方、日本の病院との共通点としては、自家用車での通院が難しい方のために送迎車が運行されていました。公共交通機関がほとんど運行していないためニーズは多いとのことです。

病院内の検査室

病院内の検査室

病院内の小児用病室

病院内の小児用病室

Visit: Cascades East Clinic

Visit: Cascades East Clinic
Visit: Cascades East Clinic

Cascades East Clinicは、OHSU FMが運営する診療所です。Sky Lakes Medical Centerと同じ敷地にあり、救急以外の外来診療を担っています。建物はコンパクトながら、多くの職員が勤務しています。医師1人につき400人程度、この地域のかかりつけ患者様を受け持っているそうです。

診療所内の廊下(診察室前)

診療所内の廊下(診察室前)

診療所内の指導医オフィス

診療所内の指導医オフィス

診察室の扉の脇には6色の可動式プレートが取り付けられており、それぞれの色が「診察中」「検査中」といった診療の進捗状況を示しています。職員が一目で状況を把握できるよう工夫されており、円滑な診療の手助けになっているとのことです。
また、診療所で勤務中の研修医及び指導医に話を伺うと、研修医の診療行為については常に指導医のアドバイス及びチェックがなされ、研修医への指導が徹底されていることが伺えました。指導医の中には開業している方もおり、今回お話を伺った指導医はこの診療所と自身が運営する診療所を兼務されていました。

Dr. Joyce Hollander-Rodriguezとの一枚

Dr. Joyce Hollander-Rodriguezとの一枚

Lunch Meeting(医学生や研修医も参加)

Lunch Meeting
(医学生や研修医も参加)

診療所のレジデント研修プログラム責任者であるDr. Joyce Hollander-Rodriguezから、Cascades East Clinicのレジデント研修プログラムについて説明を受けました。同診療所の家庭医療研修プログラムは全米でも屈指の人気を誇り、常に全米トップ5に入っています(2016年は第2位)。年間8人の研修医受入枠に対し、毎年1,200人程度の応募があり、150人程度を面接して選考しているそうです。人気の理由は優秀な指導医が揃っていること。また、自然豊かな周辺環境も魅力の一つのようで、アウトドアを楽しむスタッフが多く、研修医のグループが診療所近郊にあるMt. McLoughlinを登るのは毎年恒例の行事となっているとのことです。

Sightseeing(Crater Lake)

クラマスフォールズからポートランドへ戻る道中、Crater Lakeを観光しました。火山の噴火により発生したカルデラ湖であり、周辺は国立公園に指定されています。高地にあるため積雪量が多く、登山道路のオープンは夏季のみとなっています。

Crater Lake(東側の展望台より)
Crater Lake(東側の展望台より)

Crater Lake(東側の展望台より)

研修6日目

Visit: Scappoose Clinic

Scappoose Clinic

Scappoose Clinic

診療所内の診察室

診療所内の診察室

Scappoose Clinicがあるのは、ポートランド市街から自動車で北へ30分程度の距離にある、Old Portlandという町です。通院する外来患者様は1日120人程度で、医師7人体制で診療を行っています。原則予約制で、患者1人の診察時間は30分程度と、日本に患者1人あたりの診察を手厚く行っていることが伺えました。

診療所内のTelephone Room

診療所内のTelephone Room

診療所内のレントゲン室(天井には紅葉した木々の絵)

診療所内のレントゲン室(天井には紅葉した木々の絵)

特徴的な設備としては、Telephone Roomが挙げられます。ここに配置された事務員は予約などの電話対応を専門に行っているとのことで、日本の診療所と比べ職員数が充実しているからこそ可能な手法であると思われました。

診療所内の見学中、OHSU FMが取り入れているテクノロジーについても説明がありました。OHSU FMが運営するクリニックの電子カルテシステムは全て同じメーカーに統一されており、受診した患者様の診療データを他院と共有することができます(OHSU FM以外の病院とも共有可能)。例えば、かかりつけの患者様が他院の救急を受診した場合、自動で診療データが共有されるため、日本のように病院間で診療情報提供書のやりとりをする必要がありません。さらに、かかりつけ患者様が定期的に検査を受けることを促すため、前回の検査から一定の期間が経過すると、電子カルテの機能により患者様へメールが自動送信され、検査を受ける時期になったことが通知されます。
また、専門医の診察が必要な場合は、ポートランド中心部のOHSU病院を紹介することがありますが、患者様が通院困難なときには、可動式の遠隔診療用モニターを診察室に持ち込み、専門医がモニター越しに診察を行うこともあるそうです。

Lecture: “Family Medicine”

講義風景

講義風景

Dr. John Saultzとの一枚

Dr. John Saultzとの一枚

OHSU FMの前Chairmanであり、Professor Emeritus(名誉教授)のDr. John Saultzによる、家庭医療に関する講義を受けました。Dr. Saultzは、混同しがちな家庭医療関連の用語解説を踏まえ、家庭医療とは何か、またそれがいかに重要な分野であるかを、熱心に説明されました。地域医療に対する情熱と誇りを感じられる、迫力のある講義でした。途中、かかりつけの患者様の診療データから医師のパフォーマンスを数値化し、定期的に各医師へフィードバックする仕組みについての説明があり、これは日本ではあまり見受けられない手法とのことです。

Dinner with OHSU FM Staffs

今回の研修に携わってくださったOHSU FMスタッフの方々とのディナー。
今回の研修に携わってくださったOHSU FMスタッフの方々とのディナー。

今回の研修に携わってくださった
OHSU FMスタッフの方々とのディナー。

研修7~8日目

Back to Japan

Back to Japan
Back to Japan

今回の企画は当協会として初めての試みでしたが、参加者からは好評をいただきました。米国の地域医療の現場をより多くの方に体験いただけるよう、毎年継続していく予定です。

開催時期などの最新情報は地域医療振興協会のホームページ(http://www.jadecom.or.jp/)に掲載していますので、是非ご覧下さい。

Schedule

Sep AM PM
Sep. 23 Sat
23 Sat

Arrive at Portland, Welcome Lunch
Depart from Tokyo
Sep. 24 Sun
24 Sun Sightseeing(Mt. Hood, Timberline Lodge) Sightseeing(Full Sail Brewing Company, Mt. Hood Winery)
Sep. 25 Mon
25 Mon Orientation,
OHSU Campus Tour(Emma Jones Hall, Hospital, Tram ride, Student Center)
Visit South Waterfront Clinic,
Lecture:
"U.S. Medical Insurance System"
Talk and Discussion:
"Community Medicine"
Dinner (BBQ)
Sep. 26 Tue
26 Tue Visit Warm Springs Health & Wellness Drive down to Klamath Falls
Sep. 27 Wed
27 Wed Visit Cascades East Clinic and Sky Lakes Medical Center Sightseeing on the way back (Crater Lake)
Back to Portland
Sep. 28 Thu
28 Thu Visit Scappoose Clinic Field Work
Lecture:"Family Medicine"
Dinner with OHSU FM Staffs
Sep. 29 Fri
29 Fri Depart from Portland
Sep. 30 Sat
30 Sat Arrive at Tokyo

群馬県草津市:2017/08/07

「自治医科大学 髙久名誉学長を囲む会」レポート

鹿児島県鹿児島市:2017/11/18

『第105回鹿児島県地域医学研究会総会』レポート

Recommend